昼間の赤ちゃんの居場所|乾燥は赤ちゃんの天敵|ママが守ってあげるしかない
乳児と女性

乾燥は赤ちゃんの天敵|ママが守ってあげるしかない

昼間の赤ちゃんの居場所

玩具と赤子の手

バウンサー

ベビーは産まれてしばらくは寝ていることが多いですが、そのうち起きてる時間が長くなるので、昼間の居場所が必要になります。しかしまだひとりで座れないし、ずっと布団に置いておく訳にもいかないし、どうしたら良いか迷うママもいると思います。バウンサーはいわゆるベビー用の椅子のことです。ひとりで乗っていても落ちないよう安全につくられていて、少し動くとゆらゆら揺れるので赤ちゃんの機嫌も良くなります。このバウンサーには多くの種類があり、揺れる以外の機能が充実しているものもあります。ちょうどベビーの目の前におもちゃや人形などのグッズを取り付けられるようになっていたり、可愛い音楽が鳴ったりするものもあります。家中持ち歩けるので、ママの傍に置いて家事をしたり、お風呂の前後に少し待たせておくのに重宝するグッズです。

ハイローチェア

バウンサーにもっと色々な機能が付いてるもの、と考えて良いかもしれません。高さ調節やリクライニングができたり、自動で揺れたりするためベビー用品の中でも高額なグッズになります。どの機能が付いてるかにもよりますが、3万円前後するものが多いです。しかし高い分良いことがたくさんあります。自動で揺れるので、ママが抱っこに疲れた場合は少し代わりをしてくれます。この揺れ幅も調節できるので、赤ちゃんの好みに合わせて使うことができる優れものです。バウンサーよりは重いですが、タイヤが付いているので移動させることができます。リクライニングが何段階かあるので、赤ちゃんの状態によって調節できる所が便利です。子供が大きくなっても食事椅子として活躍するので、長く使用できるグッズです。